メイン

2011/18/4 23:15
サーティフィケイトコース (静岡・磐田)

2011年4月17日(日) pm1時半~pm5時 
静岡県磐田市 氣エナジー磐田店において、サーティフィケイトコース「他者セラピー」の授業が行われました。
オイルの持つエネルギーと働きの違い、他者への触れ方と感じ方、呼吸法、指圧と気圧の違いを学び、脚のオイル塗布、擦り込み、強擦の手順を学び、自分の手の走行、密着、強弱に気をつけながら、実践しました。

P1010542.JPG P1010545.JPG

サーティフィケイトコース

2011年3月27日(日) am10時~pm5時 当研究所研修室において、サーティフィケイトコース「氣エナジーヒーリング」の授業が行われ、佐藤代表による講義が行われました。
「氣エナジー」とは何か。食事・食べ物についての考え方を見直し、日本のしきたりについて考えました。また、自分の人生設計、生命と命についてのことを学びました。

P1010503.JPG

2011/25/2 21:25
サーティフィケイトコース (静岡・磐田)

2011年1月8日(日) 静岡・磐田市、アミューズ豊田において、サーティフィケイトコースの授業が行われました。今回は、当研究所 佐藤禎花代表が、氣エナジーとは何か、氣エナジーヒーリングについて学びました。

2010年納会・望年会 

2010年12月25日(土) pm6時~ 当研究所BF1 パワースポット ラ・ムーにおいて望年会が行われました。
望年会は、新しい年を迎える前の、今年一年間の成果を形にするということで、一人々が未知なる可能性に挑戦し、ホリスティックテイストを入れながら、サービス精神・ホスピタリティーを学ぶという目的で、納会の際に行われています。今年のテーマは、「脱自分」にプラスして、「自分のイメージを変えてみよう」ということでした。
大成功に終わり、素晴らしい納会になりました。
%EF%BC%AB%EF%BC%A1%EF%BC%B2%EF%BC%A1.jpg  
%EF%BE%8F%EF%BE%84%EF%BE%9E%EF%BE%9D%EF%BE%85%E3%80%80%E3%82%AC%E3%82%AC.jpg  
%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg  
%E8%8A%B1%E3%82%88%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%8C%E3%82%93.jpg  
%E3%81%AE%E3%81%A0%E3%82%81.jpg  
%E3%83%95%E3%83%A9.jpg 
%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88.jpg

サーティフィケイトコース (静岡・磐田) 

2010年12月19日(日) 氣エナジーヒーリングサロン磐田店において、サーティフィケイトコースの授業が行われた。「十二経絡」「エネルギー療法」「ホリスティックの考え方」について学んだ。

2010/09/12 23:14
サーティフィケイトコース

2010年11月28日(日)pm1時~6時 当研究所 談話室において、佐藤代表による「氣エナジーヒーリング」、「氣エナジーエネルギーチャージ法」が行われた。

サーティフィケイトコース (静岡)

2010年11月21日(日) 氣エナジーヒーリングサロン磐田店において、サーティフィケイトコースの授業が行われた。「ホリスティック健康概論」のまとめと、「氣エナジーヒーリング概論」を学んだ。

サーティフィケイトコース (静岡) 

2010年10月24日(日) 氣エナジーヒーリングサロン磐田店において、サーティフィケイトコースの授業が行われた。「東洋医学(基礎)」を学んだ。

2010/09/8 20:58
サーティフィケイトコース 静岡にて開講 

2010年7月30日(金)午後6時半~ 氣エナジーヒーリングサロン磐田店において、サーティフィケイトコースが静岡ではじめて開講した。
これは、この秋、当研究所のサテライトスクール磐田校のオープンにさきがけて開講され、今回のメンバーは磐田校の第1期生になる。
オリエンテーションのあと、早速「ホリスティック健康概論」を学んだ。

2010/08/3 12:05
佐藤禎花の特別講座

2010年2月27日(土)PM6時半~9時半まで 当研究所研修室において

佐藤禎花の特別講座が行われました。
今年1年をどう生きるか?何に向かっていけばいいのか?まだまだ暗中模索の方も多い中、心霊学」の中に、生き方も、幸も不幸も、すべて謎を解明する鍵があり、原因が結果を生み、結果がまた原因より起こる。因果の法則を解明する方法を講演されました。

P1000771%202.jpgP1000780%201.jpg

2010/28/1 18:53
2010年 新年顔合わせ会

%E6%96%B0%E5%B9%B4.jpg%E9%A1%94%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B2.jpg

2010年1月24日(日)pm1時~4時 当研究所 研修室において新年顔合わせ会がありました。サーティフィケイト・ディプロマコース並びに一般講座受講中の生徒達があつまり、佐藤代表の今年初めての講義を受講しました。『今年は、皆様には、それぞれが強くなって頂きたい。信念を強く持ち、自分を信じる事。信じられる自分作りをしましょう。社会性を持ち、自分のレベルアップ、キャリアアップをしましょう。そして、笑顔、色々嫌な事があっても、微笑みを持てる優しいまなざしの人になれるようにしましょう。毎日そう思って生きていると、そうなれるのです。必要とされる人になっていきましょう。』とのお話がありました。

2010/11/1 18:35
サーテイフィケイト講座

2010年1月11日(月)サーティフィケイト講座がおこなわれました。

宇宙観とは何か?陰陽・五行説について学びました。氣、血、津液の働きとその不調和でおきる状態を学びました。実践法は呼吸法、足のオイルセラピー法の実習をしました。

2009/02/11 19:15
2009年10月25 日 サーティフィケイトコース「氣エナジーヒーリング・エネルギーチャージ法」「セルフケアコントロール法 運動法」

2009年10月25日(日)
サーティフィケイトコースの「セルフケアコントロール・運動法」「氣エナジーヒーリング・エネルギーチャージ法」の授業がおこなわれました。氣エナジーヒーリング・エネルギーチャージ法は、佐藤禎花代表が指導し、氣エナジーとは何か?ヒーリングの意味とは?からだと心といのち、サムシンググレイトによるの真の癒しについて講義しました。

2009/29/9 17:12
2009年9月21日 東京研修

2009年9月21日(土) 日枝神社 ・東京ミッドタウン・ザ・リッツ・カールトン東京

日枝神社本殿での正式参拝にて心が洗われ、清々しい気持ちになり、心のデトックス、魂のデトックスが出来ました。身が清まったところで、いよいよ東京ミッドタウンに行き、ザ・リッツ・カールトン東京でのセレブランチを体験しました。満腹と満足で豊かな気持ちになりました。幸せホルモンがドバドバです。

2009年9月20日 修了証書授与式

2009年9月20日(土)(グランドプリンスホテル赤坂)
%E4%BF%AE%E4%BA%86%E5%BC%8F.jpg

この度、東京にて、IEBサーティフィケイトコース、並びに一般コースの修了証授与式を執り行いました。式に先駆け、ホリスティック健康マネジメントへの理解と認識を深めるための基調講演、また修了式後の祝賀会があり、祝賀会には、研究所の講師の先生方も参加していただきました。
※第一部
基調講演 「アンチエイジングと健康マネジメント」赤坂AAクリニック 院長 森 吉臣先生
※第二部 修了証書授与式
・開会の辞 修了証書授与 ※IEBサーティフィケイトコース※ホリスティック健康科学研究所 一般コース
・インストラクターコース  ・ホームケアコース・プロフェッショナルコース・サロン店長育成コース

修了生挨拶 ・講師代表挨拶  志賀 一雅 先生・ホリスティック健康科学研究所 IEB日本センター    佐藤 禎花 代表 挨拶 校歌斉唱 閉会の辞
※第三部
祝宴 ~ Celebrate lunch セレブレイト ランチ

●お祝いスピーチ
志賀 一雅 先生(工学博士・脳力開発研究所所長・日本脳力検定協会副会長)・瀬尾泰範 先生
(才能開発研究所代表・日本サイ科学会理事・占星学研究家)・高野 誠鮮 先生(科学ジャーナリスト・日蓮宗僧侶・金沢大学理学部大学院講師)
●メッセージ披露   上馬塲 和夫 先生  (医学博士・医師・日本補完代替医療学会 理事、富山大学和漢医薬学総合研究所 未病解析応用研究部門 客員教授、日本アーユルヴェーダ学会 理事)

※第四部
 記念スピーチ IEBアジア太平洋地区代表 アンソニー・ラマン・ナイカン氏
終 了

2009年9月12日 サーティフィケイトコース 「氣エナジーヒーリング概論」「氣の概論」「セルフオイルセラピー法」

2009年9月12日(日)(当研究所・研修室)AM10:00~PM6:00
氣とは何か? 「氣」の仕組み、 「氣」の本質を学び、日本の氣の特徴、 中国の氣の特徴、インドの氣、 西洋の氣を比較ました。また、氣エナジーとは何か?潜在意識と顕在意識とは何か?癒しの定義とは何かを知り、浄化の現象について考えました。浄化はなぜおきるのか?心身の浄化とは?そして、自我とは何か?自己受容とは何か?自己と肉体の関係、氣と心の働きについて学びました。

2009年8月18日 サーティフィケイトコース 「ホリスティック健康概論」

2009年8月18日(日)(当研究所・研修室)AM10:00~PM5:00
健康とはどのようなことか? WHO(世界保健機構)とは?また、 WHOが提唱する健康の定義とは?を学び、その中で新しい健康観とは何かを考えました。今、求められる人間の質の改善とは、ホリスティックな生き方が求められている意味を考え、真の健康生活を送るための将来の展望についてまとめました。

2009年7月20日 ディプロマコース 「免疫力の正体」

2009年7月20日(日)(当研究所・研修室)PM1:00~5:00
免疫とは何か?免疫には二重の体の防衛機能があること、また免疫に重要な体の器官・細胞、栄養状態が免疫系を左右すること、免疫・アレルギーの病気について学びました。

2009/28/9 23:37
2009年6月28日 ディプロマコース 「エネルギーフィールド」 

2009年6月28日(日)(当研究所・研修室)AM10:00~PM1:00
CIMG1980%20a.jpg

石の原石を使ったエネルギーチャージ法の実践を行いました。佐藤代表が、それぞれのバイブレーションにあった石を選び、そのエネルギーを受けて何を感じたかをそれぞれが発表しました。

2009年6月27日 サーティフィケイトコース 第4期 入校式 

2009年6月27日(土)(当研究所・研修室)PM2:00~5:00
サーティフィケイト第4期生の入校式が行われました。佐藤代表のあいさつの後、今求められている健康意識、幸せの価値観などを話しました。

2009年6月27日 サーティフィケイトコース 第3期 試験

2009年6月27日(土)(当研究所・研修室)AM8:30~PM1:00
サーティフィケイトコースの修了試験が実施されました。筆記試験、セルフケアコントロール法(全身)、他者セラピー法が規定時間において行われました。

2009年5月30日 サーティフィケイトコース 「セルフケア法(オイル法・運動法)」

2009年5月30日(土)(当研究所・研修室)AM9:00~PM1:00
氣エナジーセルフケアとは?その目的は何かを学んだ。体の声を聴くとは、起きてくる自己浄化とは何かを実践に基づいて体験しました。氣のエネルギーの伝わり方、呼吸法と宇宙音を実習しながら、セルフケア法に取り組みました。

2009年5月17日 ディプロマコース 「身体の知恵」

2009年5月17日(日)(当研究所・研修室)PM1:00~5:00
体(自然)の知恵と脳(人間)の知恵について考えると、体(自然)の知恵は生物進化のよって培われ、また人間はウィルスとの闘いで種を保存してきました。ゆえに、身体の知恵にもウィルスに対抗する機能がたくさんあります。身体の知恵に任せればいいのに、不快感を軽減させるために人間の知恵で対処療法を考え出したことが、身体の知恵の発揮を阻害しているとも言われています。身体の最高の知恵は免疫機能であることを学びました。

2009年5月17日 サーティフィケイトコース 「芳香療法」「他者セラピー法」

2009年5月17日(日)(当研究所・研修室)AM9:00~PM12:00
芳香療法の歴史、芳香療法(アロマテラピー)の有効性について学んだ。
エッセンス(精油)とは何か、エッセンス(精油)の有効成分を身体に取り入れる方法とは?香りの吸入のメカニズムを学び、エッセンス(精油)の働き、作用について説明をうけた。また、一般のアロマセラピーと氣エナジーオイルセラピーの違いについて、氣エナジーオイルセラピーで使うオイルの特徴について学んだ。

2009/16/4 11:02
2009年4月5日 ディプロマコース  「精神医学 (心身医学) 」  

2009年4月5日(日)(当研究所・研修室)PM1:00~5:00
精神医学と心身医学についてそれぞれの領域の確認をしました。高度の専門性の高い精神医学に対し、
心身医学は、精神的な活動が原因で心身の変容(心身症)や精神の変容(神経症)を起こした状態を診断し、治療する領域で病気を予防することができます。心身症、神経症に対して病気の特徴を知り、またなりやすい性格を分析しながら、予防について考えました。また、ストレスの克服として呼吸法を取り入れたリラックス法を実践しました。

2009年3月15日 ディプロマコース  「占星学」  

%E5%8D%A0%E6%98%9F%E5%AD%A6.jpg
2009年3月15日(日)(当研究所・研修室)AM10:00~PM5:00
ホロスコープ占星学の歴史を学び、ホロスコープモデルを見ながら、ホロスコープ占星学を学びました。運命学の基本原理であるパーソナリティ(性格、才能、習慣)が運命をつくること、人間は、潜在意識において、自分が思っているような人間になるということから、内面(心の世界)が外面(現実社会)に反映されていくことを学びました。そして12星座占いについて、実際の自分の星座の特徴を知り、自分と照らし合わせながら興味深く講義を受けました。講師は瀬尾泰範先生

2009年3月14日 サーティフィケイトコース  「気の科学」 

%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6.jpg
2009年3月14日(土)(当研究所・研修室)PM3:00~6:00
気とは何か、また気はどんなふうに感じられるか、気はどうしたら出せるのかを学びました。
「気」は二つに分類され、宇宙に遍満する「気」、そして生命エネルギーである「気」に分けられる。日本人は、気に敏感な民族であり、潜在的に「気」を感じる力をもっていること、気の科学の現状を知り、気の性質から未来創造の可能性を学びました。講師は瀬尾泰範先生

2009年2月15日 サーティフィケイトコース  「カウンセリング法」  

2009年2月15日(日)(当研究所・研修室)AM10:00~12:00
「カウンセリング法」では、カウンセリングとは何かを学びました。
カウンセリングの6原則とは何か、カウンセリングの技法について学び、カウンセラーの資質の上げる重要性についての講義を受けました。講師は志賀一雅先生

2009/23/2 13:25
2009年2月15日 ディプロマコース 「大脳心理学」 (志賀一雅先生)

%E5%BF%97%E8%B3%80%E5%85%88%E7%94%9F.jpg
2009年2月15日 ディプロマコース 「大脳心理学」の授業が行われた。講師は、志賀一雅先生。
脳の仕組みと働き、体に起こってくるいろいろな現象について学んだ。

2009/23/1 21:45
2009年1月18日 サーティフィケイトコース 「意識の転換法」

2CIMG1692%20%20a.jpg
2009/1/18PM
サーティフィケイトコース 「意識の転換法」の講座が行われた。講師は志賀一雅先生。体と心と魂 相互に関連して働くのが意識。その中でも体と心に働く意識をどのようにコントロールしていくか?脳の働きをもとに、どう意識を効果的に使っていけばいいのか?自立訓練法を交えながら学んだ。

2009年1月18日 サーティフィケイトコース 「セルフケア法・他者セラピー法」

CIMG1683%20%20b.jpg
2009/1/18AM
サーティフィケイトコース 「セルフケア法・他者セラピー法」の講座が行われた。
気の作り方、高め方を練習した。呼吸法の訓練を行い、オイルをつかってセルフケアを行った。また、他者へのヒーリング技術を実習した。

2009/08/1 18:19
2008年 12月20日 サーティフィケイトコース 「ビジネスコミュニケーション法」

P1000821%20%201.jpgP1000822%20%202.jpg
2008/12/20
サーティフィケイトコース 「ビジネスコミュニケーション法」の講座が行われた。講師は岡部芳彦先生。
コミュニケーションとは何か?さまざまなコミュニケーションの中でも、ビジネスの基本となる情報を限られた時間の中でどう処理していくか?グループ内でのゲームを通した会話法、効率的な意思の疎通の仕方や方向性、互いの能力や才能を身につけていく方法を学んだ。

2008/17/11 11:14
2008年11月16日 ディプロマコース 「東洋にみる宗教哲学」

P1000696%20%E9%AB%98%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93.jpg
2008/11/16
ディプロマコース「東洋にみる宗教哲学」の講座が行われた。講師は高野誠鮮先生
宗教とは何か、宗教哲学とは何か、宗教と科学の関係など、人間として生きるために必要なこと、自分の人生と価値、原因とその結果の捉え方などを知り、生体恒常性と健康について学んだ。

2008/17/10 17:21
2008年10月12日「IEB日本センター 2008年後期入学式」

%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%BC%8F.jpg
2008年10月12日
IEB日本センター ホリスティック健康マネジメントコースのディプロマ、サーティフィケイ各コースの入学生の2008年後期入学式が行われました。
式のあと、佐藤代表から「見えないこと、大事なこと」と題し、記念講演がありました。

2008/04/8 14:49
2008年8月2日~3日氣の里ゼロ磁場で学ぶ 佐藤禎花のエネルギーチャージ法

CIMG1506.jpg
2008/8/3(2)
佐藤代表の「エネルギーチャージ法」「エネルギーチューニング」の授業では、天地自然の中の大きな力(自然の中の霊気)の中には、勇気と知恵があり、無限の存在の中から取り込みなさい。そのためには意識を向けることが必要。夢を形にしていくためには、努力をし、見えないエネルギーを感応すること。自分と向き合って感謝すると気づくことができる。氣エナジーとは心の使い方、いい心の使い方をいっぱいしていきましょうと話されました。

2008年8月2日~3日氣の里ゼロ磁場で学ぶ 佐藤禎花のエネルギーチャージ法

CIMG1476.jpg
2008/8/3(1)
朝から、池上直彦さん (伊那市長谷 産業振興課長)にご案内していただき、「エネルギーチューニンググループ」「アドベンチャーグループ」にわかれて、分杭峠 ゼロ磁場- 氣の体験を行いました。

2008年8月2日~3日氣の里ゼロ磁場で学ぶ 佐藤禎花のエネルギーチャージ法

CIMG1469.jpg
2008/8/2(2)
懇親会のあと、ゲストティチャーとして佐々木祥二先生 (長野県議会議員)をお招きし、
「あなたの知らない古事記、よみがえれ大和魂」と題し、「秀眞伝」から、天照、昼子、月読、スサノオの話。そして天照が、豊受尊から教育を受けた教えから、お話をお聞きしました。
「人間とは何か?生きている間にどれだけの人に幸せに出来るか?どれだけの人に希望や夢や生きる力を与えることが出来るか?魂は自分だけ良くても幸せを感じない、自分は神の分身から、自分が神であることを生かし、生かされ、恩の恩返しをすること。そして、天照の気づきから、ハタレの乱(魔)は、人の心のねじれと悪知恵で生じる。大和言葉では、ヒ(霊)ト(止)という。人は神で神の宿る社。自分の中の内なる神を大切に、自分を大切にしてこそ人は尊ぶ。そして、この世は、魂磨きの学校。此処でしっかり魂を磨き、仕事に生だし、和顔愛語を大切にし、仕事を天命に、明るく、楽しく、元気よく生活しましょう。」とお話しされました。

2008年8月2日~3日氣の里ゼロ磁場で学ぶ 佐藤禎花のエネルギーチャージ法

CIMG1443.jpg
2008/8/2 (1)
「日本人のルーツ アジアの中の日本」をテーマに、日本人として、国際的に活躍するため、今何が必要なのかをテーマに、最初に 岡部先生が、「日本人のルーツ アジアの中の日本」と題し、個人のルーツを知ることで、自国の歴史と文化を知り、誇りを持つことが大切、そしてアジアの日本人としてもう一度どのような役割を果たすことができるのか考える時期に来ていると提言しました。

2008年8月2日~3日氣の里ゼロ磁場で学ぶ 佐藤禎花のエネルギーチャージ法

CIMG1449.jpg
2008/8/2~3 
ホリスティック健康科学研究所 氣の里 特別研修プログラム(IEB各コース、一般講座 インストラクター、プロフェッショナルコース、ホームケアコース対象)を行いました。

2008/29/7 11:20
2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/28 トゥンク・アズラン殿下 晩餐会

マレーシア王室パハン・スルタン家のトゥンク・アズラン・アブバカール殿下のご臨席の晩餐会に出席しました。アズラン殿下は、第一次、第二次アブドラ内閣で、交通副大臣、外務副大臣を歴任された方です。楽しい時間を過ごさせていただきました。

2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/28 クマール オプティマ・カレッジ校長 講義
ieb09-1.jpgieb09-2.jpg
なぜ人は、他人に対して同意できないのか、エゴ・ステータス・言葉・文化・知識・信頼するもの、恐れなどが原因。なぜ人は衝突するのか?それは概念が異なるから?衝突は肯定的か否定的かなど、それぞれの考え方を生徒達が議論した

2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/28 佐藤禎花代表 講義
ieb08-1.jpgieb08-2.jpg
日本は、第二次世界大戦のあと、0というよりマイナスからのスタートで現在まで発展をとげてきた。しかし、マレーシアに来て、多くの方たちと触れ合い、異文化を学び、日本人としての気質を改めて実感することが多い。数々の不幸な歴史もあったが、あらためてわかりあうという大切さがわかった。日本人としての価値観を押し付けるのではなく、分かり合うということが大切になってくると講義し、その後デトックスエクササイズを指導し、みんなで行った。

2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/28 オプティマカレッジとの合同セミナー
ieb07.jpg
アンソニー先生 講義
「国際的なビジネス環境における現代的な問題」
世界は変化している。6つの大きな問題として、グローバル化、アジアの興隆、龍(中国)の登場、チンディア (中国とインドを合わせた言葉) 効果、不透明な未来と日本の役割があげられた。

この授業はNZIMの経営教育プログラムとなっており、単位として課せられた。
「NZIM(New Zealand Institute of Management)は、ニュージランド政府認可の経営教育機関であり、ニュージランドの大学、高校、中学を通じて、経営教育プログラムを実施している機関」

2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/27 記念品の交換
ieb06.jpg
オプティマカレッジとの学生交流の協定を締結し、それぞれの学校の記念品の交換を行った

2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/27 修了式・交流会
ieb05-1.jpgieb05-2.jpg
IEBの研修修了式が、オプティマカレッジと合同で行われた。その後、交流会が行われ日本からは盆ダンスを披露し、みんなも参加して楽しいときを過ごした。

2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/27 アスマ先生講義
ieb04-1.jpgieb04-2.jpg
文化では見えない部分の影響が大事。それぞれの国は、固有の文化を持っており、その文化が各人の力の源になっている。それは、反面に出てしまうこともある。日本は対立する文化の要素を併せ持っている面が多い。日本におけるリーダーシップは、強調・同意のもとにつくられている。

2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/26 シェパード先生講義 Ⅱ
「自分の性格を選び出せ」
ieb03.jpg
リーダーは、自分の性格を知ることから始まるということで、72枚のカードによる自分の性格の選び出しを行った。36パターンに対する自分の性格を分け、さらに6つのチャートで性質を出した

2008年6月25日~7月1日 マレーシア修学旅行

6/26 シェパード先生講義 Ⅰ
「国際化された世界のためのリーダーシップ」
ieb02.jpg
「リーダーシップはエネルギーにあふれる人が出している。良いリーダーは自分に対しても他人に対してもモチベーションを高められる。自分を満たしてくれるものは、金銭や報酬、表彰といった外発的なものではなく、誇りややる気、満足感といった内発的なものである。良いリーダーは、才能を見出し、心に触れることが出来る人物であり、そのためにはEQを高めていくことが大切である」と講義された。

2008年4月20日 IEB日本センター入学式

4/20
サーティフィケイト2期生、ディプロマコース1期生の入学式が当研究所で行われました。
ホリステイック健康科学研究所 佐藤禎花代表の挨拶の後、入学宣誓、引き続きIEB理事長からのメッセージが代読されました。講師を代表して、高野誠鮮先生からご挨拶をいただき、全員で校歌斉唱を
しました。

2008/24/7 18:52
桜づくしの修了式 (2008/3・22)

IEB日本センターサーティフィケイト修了証授与式、ホリスティック健康科学研究所 氣エナジースペシャリスト学科 第1,2期生修了式が金沢ニューグランドホテルで行われました。修了証授与の後、「桜の宴」をテーマに桜をテーマにした料理に春の訪れを感じながらあたらしい門出を祝いました。

オプティマカレッジとの交流 (2008/1・11)

 024.jpg
生徒が生きた英語を学ぶためには、実際に積極的に英語で話すことが大切として、マレーシア オプテイマカレッジとの合同授業の合間に交流タイムを設けました。初めは自己紹介もぎこちなく行っていましたが、次第に身振り手振りも使って、最後には、すっかりと打ち解けた様子でした。

オプティマカレッジとの合同授業 (2008/1・11)

018.jpg 021.jpgマレーシア オプテイマカレッジとの合同授業を行いました。オプティマカレッジのプレム校長からのあいさつの後、当研究所 佐藤禎花代表が「心身のデトックスと意識の転換」と題して講義を行いました。デトックスにおける基礎知識の講義、意識の転換のデモンストレーションがあり、生徒達は熱心に聞き入っていました。

2008年アジア太平洋地区合同卒業式出席 (2008/1・10)

010.jpg
2008年アジア太平洋地区合同卒業式が、マレーシア クアラルンプール ホテル サンウェイ・ラグーンにて行われ、各国のIEBセンターで学ぶ学生、各国の教授陣が集まり盛大に執り行われました。また修了証授与後のパーティでは、マレーシアの民族舞踊も披露され、修了生たちは異国の伝統文化を満喫しました。

晩餐会に出席 ホスピタリテイを学ぶ (2008/1・9)

 %E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A25.jpg
晩餐会への出席は、テーブルマナー、振る舞い、コミュニケーションなどを身に付け、国際的に活躍できる人材育成の一環として行われた。日本で通常、それぞれが出席しているパーティ(宴会)と違い、テーブルコーディネイト、食事のマナー、食事をしながらのコミュニケーションなどを実践し、ホスピタリティを学んだ。 また、ゲストに、ミンダナオ王室 ブアヤン王女、ティモール王室 クパン藩王にもご臨席を賜った。